占い師い見てもらおう

オーラの色を知りたい人は、占い師に見てもらって自分が何色なのか知っておきましょう。下記には色別の性格診断結果があるため参考にしてみてください。

オーラの色別性格診断

赤いオーラ

オーラの色が赤い人の性格は、情熱的で正義感があり活発な人が多く存在します。仕事面では、リスクを恐れずに意欲的に行動してくれます。

青いオーラ

青いオーラの色の人は、とても冷静で大人しく理論的な性格の人が多いでしょう。あまり物事に動じることはありません。

緑のオーラ

緑色のオーラの人は、基本的に平和主義で安定しています。平和主義者やボランティア活動が好きな人、困っている人を放っておけないというタイプの人に多くいます。

黄色のオーラ

オーラが黄色の人は、元気で明るく健康的な人が多い傾向にあります。友達と騒ぐのが好きでいつも友達と一緒に居ることが多いでしょう。

白いオーラ

このオーラの人は、とても万能で固定概念にとらわれず自由に生きる人が多いでしょう。周りの環境によって染まることもあります。

倦怠期を迎えたカップル

手

倦怠期とは

倦怠期とは、長い期間一緒に居る恋人同士が相手に不満を持ってしまったり感情が冷めてしまったりしやすい時期です。付き合いたての時期は、相手によく思って欲しいという気持ちからいろいろな努力をしますが徐々に不満や不服が溜まっていくと自我が出やすくなり、些細なことで喧嘩が始まってしまいます。そのため、この時期に別れてしまったというカップルは少なくありません。大好きだった人と喧嘩別れをするということは悲しい事です。そういった事を防ぐためにも倦怠期を上手く乗り越える方法を知っておきましょう。

原因を調べましょう

恋人との喧嘩の原因をまず改めて思い返してみましょう。どんなに些細な事でも自分が悪いことをしている場合は素直に謝ることが大切です。逆に相手が原因の場合は、なぜそういった事をしたのか、なぜ謝ることができなかったのかを考えて見て下さい。自分にも非がある場合は互いに謝り仲直りをすることも大切です。しかし、悪いのは行動を起こしてしまった人の方ですから自分が悪くて相手に非があったとしても誠心誠意を持って謝ることができなければ、しっかりと仲直りすることはできません。どんな理由があろうと、相手を裏切ったり傷付けたりするような事をしてはいけません。

相性占いで二人の相性を占う

最初は好きでも、どんどん気持ちが薄れてしまったと感じている人は本当に相手の事を好きなのか考え直したほうが良いでしょう。気持ちが薄れていくという事は相手に対しての興味が無くなるということです。興味が無い人と一緒に居ても楽しくありませんし、相手に不満な思いをさせてしまうだけです。ですが、別れようと思ってもそんな簡単に別れることはできません。そういった時は、相性占いで二人の相性を占ってみましょう。お互いの生年月日や名前で診断することができます。相性が良ければ倦怠期に起こる一時的な感情だと判断すれば良いでしょうが、相性が悪い場合は二人で誠実に話し合って将来を決めるようにしましょう。いつまでも相性の悪い人と一緒に居ては互いに幸せになることはできません。

オーラの色を見てもらう

倦怠期になると、オーラの色も多少変化します。その人の悩みや感情などで色が変わるため、占い師の人にはひと目で分かってしまう事もあるでしょう。オーラの色が淀んでいるときは、まずはエネルギーをもらってみてください。ラブラブなカップルに話を聞いてエネルギーを貰ったり、恋愛運アップのパワースポットに行ってエネルギーを貰ったりすることで今の現状を前向きに進めることができます。

人生に行き詰ったときに試してみましょう

女性

仕事で悩んだとき

社会人として働くようになると、学生の頃とは違う悩みが生まれます。そんなとき、自分はどこに進めが良いのか占いの結果を参考にすることができるでしょう。

READ MORE
手

恋人との関係に悩んだとき

ラブラブな恋人同士にも倦怠期はやってきます。そんなときは、二人の相性やこれからの関係性を占い師にみてもらいましょう。

READ MORE
広告募集中